MENU

ストレスを感じなかった私が円形脱毛症になった

大学を卒業し、地元の有名企業に就職しました。第一希望の会社でしたので、入社当初は、期待だけでいっぱいでした。2年経ったころ、仕事業務にも慣れて、良い先輩にも恵まれて、楽しい生活を送っていたのですが、ちょうど、異動時期ということもあり、会社内で部署が異動になりました。これまでは、外回りなども多い仕事だったのですが、事務処理等の仕事に異動となり、会社の缶詰め状態が多い仕事になりました。それでも、部署の先輩たちには恵まれていたので、全く、私自身、ストレスを感じていなかったのですが、ある日、先輩から、「後頭部が少しハゲができていないか。」と言われたのです。
薄毛5
全く、私は、気づきませんでした。と同時に、とても、不安になりました。今まで、大きな病気にかかったことはなく、ストレスを感じていない私に、10円ハゲができるなんて、思ってもいなかったからです。その部分から抜け毛が広がってきて、すぐに、ハゲが分かるようになってきました。会社の上司からの勧めで、病院に相談に行くことにしました。このままでは、仕事に集中できないと思ったのです。そして、病院の先生から、いくつか質問を受けました。「仕事にストレスがないかどうか。家族や近い親戚に脱毛症がいるかどうか。生活習慣、睡眠はしっかりととれているか。」等と質問を受けました。仕事にストレスは感じていないことと家族に脱毛症はいないということについては答えました。すると、先生から、「円形等の脱毛症は、自分自身がストレスを感じていない人にかかりやすい。

 

ただ、誰にでもかかる可能性はある。君だけじゃないから安心しなさい。」と言われ、すごく、心の不安がとれました。また、生活習慣については、独身であり、コンビニの弁当は多いし、睡眠時間も平均4時間くらいということをお話ししました。それらのこと自体が、すべて、ストレスに直結しているらしく、規則正しい生活、積極的に、ウォーキングなどからの運動を取り入れるということの指導を受けました。また、育毛剤として、プロペシアという医師から処方してもらった薬を服用しました。医師から言われたとおり、規則正しい生活、特に、運動をよくしていきながら、育毛剤用の薬を飲んでいくうちに、抜け毛は無くなり、髪の毛も生えてきました。そして、とうとう、ハゲが全く無くなったのです。髪の毛が抜ける原因は、生活の背景に必ずあり、自分の正しい生活を考えさせる良い経験になりました。今では、趣味に、運動に、仕事に、楽しい生活を送っています。